2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年09月19日(月)

家族旅行

学校サボって行った 金曜日
早朝4時に出発 9時ちょうどくらいに、富山県の立山に着きました

お天気に恵まれ

黒部立山アルペンルートを満喫してきたよ

CIMG1311.jpg



黒部ダムも 放水してて
下に虹が かかってとても キレイ
迫力満点、壮大なダム。
トンネルもダムも 昔の男達が 手作業で 作ってきたのかぁと 思うと
昔の人達は たいしたもんだぁと しみじみ

現代が こんなに便利なのは やっぱり男達の力なんだね
ありがたや

CIMG1365.jpg



その日の夜は 長野市のホテル泊まって 家族で居酒屋
聞き込みで行った店
美味しかったし、楽しかった
ホテルも

旦那と子供は 20時頃に寝ちゃったけど
この時期に 珍しく 花火大会やってたみたい
音が大きくて ホテルの窓から見たかったけど、ちょうど反対側で 上がってる…

しかなく 打ち上がる音だけで 夏を感じて 寝たよ。


2日目は 善光寺に行って
仏様に (撫でると願いかなう
しっかり 想いをこめて なでなでしてきたよ

CIMG1442.jpg


2.びんずる尊者

 本堂正面から外陣に入りますと最初に目にとまる像が、びんずる(賓頭廬)尊者です。お釈迦様の弟子、十六羅漢の一人で、神通力(超能力に似た力)が大変強い方でした。俗に「撫仏」といわれ、病人が自らの患部と同じところを触れることでその神通力にあやかり治していただくという信仰があります。
   


善光寺HPより



【More・・・】

暗闇に入る所があって。 ホントに真っ暗闇の中 壁わ触りながら、その感覚だけで進んでいくの。

11_okaidan.jpg


11.お戒壇巡り

 内々陣の奥、右側を進むとお戒壇巡りの入口があります。お戒壇巡りとは、瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡り、中程に懸かる「極楽の錠前」に触れることで、錠前の真上におられる秘仏の御本尊様と結縁を果たし、往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をいただく道場です。入口には、タイ国王より贈られた仏舎利(お釈迦様の御遺骨)とお釈迦様の像が御安置されています。


娘はパパに抱っこしてもらってたけど、大泣き
私はえ~ちゃんと 手繋いで進んだけど、息子は泣かなかったよ。
自分も初体験だったけど、目が見える ありがたさを感じました

光があってよかった
目が見えてよかったって

なんと トータル2日間 で約1000kmの旅

ずっとパパ がんばって運転してくれてたけど、 やっぱり最後の夕飯 はビール飲みたいって

最後の最後は 私が運転
パパの 普段乗らないから、運転不安だし…って逃げてたけど 結局 交代。
まぁ、 会津坂下から郡山までは 私で。

初めて夜の高速
暗いし、 間隔がよくわかんないし ドキドキしなからの運転だったよ

無事に帰ってこれて よかった
正直、自分でハッとした事 あったんだよね~~。

家族中心で、 亀事 離れてたけど、 ドリボも もうすぐ


今日やっと美容院行ったの

ゆるふわパーマで イメチェン したかったけど、 店員さんに 矯正が かかってるから、それは難しい ってあっさり…(*_*;

結局、前髪切って
少し フェイスライン周りをすっきりさせて あまり前と 変わらずになっちゃた

明日から 仕事も頑張って 週末に向けて 準備準備

昨日の亀ちゃんも さわやかで ホッとした

懸命に球を追いかけ走る姿が、めちゃ 爽やかだったよ~~ん


スポンサーサイト
22:29  |  おチビとの日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kameyuki0329.blog28.fc2.com/tb.php/573-f4ca74da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。